>レポート>下肢静脈瘤のいくつかの治療法【症状で決める】

下肢静脈瘤のいくつかの治療法【症状で決める】

先生

脚はズボンやスカートから出る部分でもありますので、そこに何か不具合があればファッションにも困ってしまいます。下肢静脈瘤であれば手術で治せるので、治療法を体験談から確認しておきましょう。

みんなの声

きれいな足を取り戻せました!

女性だったら身体のどの部位であってもいつまでも綺麗でいたいものです。30代とはいえ、スカートも履きますし、お洒落も楽しみたいです。ところが、ある日足の血管が浮かび上がっていることに気付きました。お年寄りでこのような状態の人を見たことがあったので老化を疑いました。痛みはなかったのでしばらく様子を見ていましたが、もしかしたら病気ではないかと心配でしたし、見た目も良くないので結局病院に行くことにしました。下肢静脈瘤という診断でした。病名が仰々しいですが、危険な病気ではないとのことで安心しました。着圧ストッキングや運動を取り入れる保存的治療という方法は手軽で簡単だったので早速治療に取り組んだところ、症状は改善され、足は元の通り綺麗になりました。スカートも思う存分履いています。【30代|女性】

足のむくみが治まって楽になりました

50代にもなると色々な病気が出てくると覚悟はしていましたが、足の怠さにずっと悩んでいました。よく足を見ると瘤のようなものもあり、むくんでいるようでした。足のむくみや怠さといえば女性の悩みだと考えていましたが、男性でも悩まされるのかと驚きました。浮かび上がった血管を見て、血管が良くないのかもしれないと判断して病院に行きました。下肢静脈瘤とのことで、珍しくはない病気のようです。日帰りでの施術が可能な硬化療法での治療をすることになりました。注射するだけなので時間もかかりませんし、身体も楽でした。とても簡単な処置をしただけで、足のむくみは嘘のようになくなっていきました。健康な足であることに幸せを感じます。【50代|男性】

広告募集中